SELF DISCOVERY IS THE FIRST STEP TOWARDS

DEVELOPMENT

​自己発見こそが発達の第一歩

ABOUT

渡邊理佐子

 

Watanabe & Associates 代表

成人の発達心理学・リーダーシップ教育研究者/リーダーシップコーチ。慶應義塾大学グローバルリサーチインスティテュート(KGRI, Keio University Global Research Institute)客員研究員。ハーバード・メディカルスクール付属マクリーン病院コーチング研究所(IOC)フェロー。

ハーバード大学教育大学院 (Harvard University, Graduate School of Education) 在学中にロバート・キーガン教授に師事し、それを機に成人発達心理学をベースにしたコーチングを開始。キーガン教授の元、日本人で初めて認定発達度測定者資格(Subject Object Interview Reliable Scorer)を取得。認定ITC(自己変革)コーチ(Certified Immunity-to-Change™ (ITC) Coach)  、認定ITC(免疫)マップファシリテータ(Qualified ITC Map Facilitator)、Immunity-to-Change™ (ITC)自己変革ファシリテータ資格取得。リーダーシップサークルプロファイル360度評価(Leadership Circle Profile™)資格取得。

 

日米の高等教育機関と成人の発達度測定に関する共同研究を行っている。マサチューセッツ工科大学(MIT)にて探求型学習やアクティブラーニング教授法を利用した理数科教育プログラムに携わった経験も持つ。

ハーバード大学教育大学院(Harvard Ed.M. 教育学修士)、ペンシルベニア大学行政大学院(UPenn MPA. 行政学修士)、上智大学卒業。

Colleagues

渡邊竜介

Watanabe & Associates, Consultant

サンディエゴ大学講師(リーダーシップ学)。慶応大学慶応グローバルリサーチインスティテュート(KGRI)客員研究員。ハーバード大学元研究員。発達度測定者資格(Subject Object Interview Reliable Scorer)取得。Immunity-to-Change™ (ITC)自己変革ファシリテーター資格取得。

電通を経て、2001年デジタルパレット(現電通アイソバー)を創業し代表取締役に就任。2012年ハーバード大学ウェザーヘッド国際問題研究所研究員に就任。2013年に山梨学院大学国際部長として、次世代グローバルリーダーを育成する国際リベラルアーツ学部(iCLA)の設立に関わる。2016年よりサンディエゴ大学にて成人発達理論に基づくリーダーシップ開発と、発達志向型組織変革を専門に、日米で研究と指導にあたっている。

ハーバード大学ケネディスクール(Harvard MPA)、ペンシルバニア大学ウォートンスクール(Wharton MBA)、一橋大学(経済学部)、開成高校卒業。

http://www.developingleadership.net

 
自分の限界を超えた袋小路に入ってしまったと思ったことはありますか。コーチングは何かがうまくいかない時や新しい試みに取り組もうとしているのにどうしたらいいかよくわからない時に有効です。自分についてさらに学び、思考を変え、自分を発達させたい方におすすめです。 通常、対面あるいはオンラインビデオ会議を通して10回シリーズを6ヶ月かけて行います...
リーダーシップ コーチング
1 hr
How I CaN Help You
 
Contact

Copyright© 2020 Watanabe & Associates All Rights Reserved.

  • Black Facebook Icon
  • Black Twitter Icon